« 海陽町の歴史 | トップページ | 海部城 »

2007年4月12日 (木)

海部氏

グーグル検索よりhttp://www2.harimaya.com/sengoku/html/awa_kaif.html

*「記録によれば、享徳年間(1452~54)から天文年間(1532~54)の約百年間にかけて、百十四万振の海部刀が輸出されたことが知られる。
 まことに膨大な量の海部刀が、海部氏によって朝鮮・中国に輸出されたのである。海部氏が海外交易に従事していたことは、海部氏と関係の深かった大山権現に朝鮮鐘が伝わっており、海部氏が和冦として活躍していたことを裏付けている。」

 海部刀114万振?何の記録なんでしょう。

 こんな調子で、私が田舎にいた頃は、海部刀のことも人の口の端にも上らなかったし、海運のことだって、全然問題にもされなかったです。

 観光要素を考えるなら、もっとしっかり裏付けを付けて、確証を与えた形で明示しませんと、誰も信用してくれません。出里がそこにある私ですら、半信半疑なようでは困る。

 海部川流域で砂鉄が取れましたか?聞いたことがない。江戸時代にも海部で刀剣を作っていたのでしょうか。

 史料、私の知覚範囲に、全く入ってないんです。代官所があったなら、その記録帳があったはずだし、これこれこういう史料がどこそこにあります、刊行されています、というような話でもあるなら信用できますが、

 刊行史料は、海部刀や海運や御鉄砲組の話は全くない部分で、貧しくて支配が容易でない、遠隔地の百姓水夫、という話。

 どうなってるんでしょう。

 東洋町町長選挙で、町長が交代して、多分、このブログも終わるんでしょう。是非そうであって欲しいと思いますが、観光で人を呼べるようにしましょうよ。 

|

« 海陽町の歴史 | トップページ | 海部城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海部氏:

« 海陽町の歴史 | トップページ | 海部城 »